平成18年末までに入居された方!

平成18年末までに入居し、

所得税より住宅借入金等特別控除を受けられている方!

住民税からも住宅借入金等特別税額控除が受けられるかもしれません!

札幌近郊にお住まいの方なら、市役所・区役所から、

dsc03368.JPG こんな茶封筒が届いたのではないでしょうか?

いつも思うのは、お役所の書類は難しい言葉がいっぱいで面倒くさい・・・。

でもでも、6月からの住民税額が左右されるので、とっても大事なことです。

知っておきたいこととしては・・・、

税源移譲とは、納める税金の行き先が変わるだけなので、

「所得税(国税)+住民税(地方税)」は基本的に変わらないはず。

19年度の税源移譲により、所得税減・住民税増の人がほとんど。

所得税が減ることによって、住宅借入金等特別控除可能額より実際の控除額が下回る、

つまり引ききれない人が出てくる。

その引ききれない分は、住民税額を軽減する特別措置である

住宅借入金等特別税額控除を適用することで補うということ。

ですから、申告書を作成するのはちょっと憂鬱ですが、

これを乗り切れば、6月から給料の手取りが増える!と思って頑張りましょう。

なお、平成20年度分の申告期限は3月17日(月)です。

どうぞ、お忘れなく。