13手書きの「設計図」から、実際の形になった、理想どおりのいごこちのいい家。

札幌市東区K様

お住まいを新築するきっかけは、「2匹の愛猫が自由に暴れられるように、自分たちの家を建てたい。」という、Kさんご夫婦。土地探しから始まり、ここが三つめだったが、何と、最初の打合せは奥様の書き起こした図面・仕様書・パースをみせて、「このイメージと間取りでいくらになりますか?」

実は、奥様は、住宅雑誌やインテリア雑誌より、気に入った情報をチョイスし、ご自身が住みたい家のイメージを、絵に起こていました。それは、イメージパースや各部屋の間取り、壁の仕様・部材、又そこに入れる設備までも、設計図のように、しかも手書きで詳細に書かれたものでした。

導線よりも、いごこちの良さを優先した間取りは、プロの設計士ではなかなか出てこない発想で、壁材やトイレ・洗面台の照明選びやインテリア小物の一つ一つにも、オリジナル感あふれるこだわりが随所に表れています。

「最初の自分の図面から、どんどん形になっていく楽しさがあった」と奥様。奥様に全面的に任せたという主人と一緒に、理想の家ができ、居心地の良さに、ますます自宅にいる時間がふえそうだ。

リビングの南側は自慢の4面の窓。白いタイル壁と無垢のフローリングが落ち着き感を演出しています。右奥には、窓辺でくつろぐちょっとしたCAFEコーナーも。

左から、キッチン、書斎、作業室。この間取りも最初の奥様の図面通り。どこからでもリビングが見える大きな窓の選定も、なかなかない発想。

一番のお気に入りは、最後までこだわった独立したコの字型キッチン。オープンだが、大きな窓を入れることで、調理が部屋全体まで匂う心配も解消される。元々は外の景色を眺めながらのイメージから。

全て手書きの図面は、プロの設計士も唸るほど。雑誌などからのアイデアを色んなところに取り入れ、間取りに変更があれば、パズルのピースのように組み合えていきました。

洋服好きの奥様用の1階のウオークインクロゼット。6畳程の広さにきちんと整理され、床のヘリボーン模様が、一瞬ブティックかと思わせるほど、クラッシックな雰囲気を醸し出している。

札幌市内100区画以上 宅地情報
施工例
LINE@