21ゆとりある2階リビングに人が集まる、ブリックタイルが印象的な家

札幌市北区T様

住まいを新築しようと思ったきっかけは、「双子の姉たちに、誘われたから」とT様。近隣で同時期に建てたが、3家族の家の良い部分は全て取り入れつつも、各家族のスタイルに合わせてコーディネートされ、それぞれ違う表情の家になった。

 

まずこだわった点は、人の目を気にせず、伸び伸びできるリビング。人通りのある道路に面した土地だったので、リビングを2階に。採光もよく、暖かくて快適。

リビングの横には、全体の雰囲気に合わせたモダンな和室を配置。吊押入れにすることで、部屋を広く見せる効果も。

 

玄関を入ると、オープン階段が印象的。壁には、おしゃれなブリックタイルを採用。本当は、もっとブリックタイルを使いたかったが、予算も考えて、毎日通る階段部分に取り入れ、リビングやキッチンからも見えるようにした。

 

トイレを各階に設置し、クロスとアクセサリーでまったく違う雰囲気に。寝室や玄関もそれぞれ異なったクロスにしてこだわっている。

キッチン周りは、3家族のよい部分を取り入れて、見せない収納にしてスッキリ。

 

家づくりで一番大変だったのは、予算と理想の調整。豊栄建設は自由度が高かったので、予算内で希望がかなうように、「上手にサポートしてくれて、とても満足」と奥様。子供たちは、兄弟がたくさんできたみたいに、毎日集まってワイワイ賑やかにやっている。

キッチンからリビングと和室、オープン階段を見渡す。広さ、明るさはもちろん、白と木目、表情豊かなブリックタイルが印象的。

人通りのある道路に面した土地であるため、思い切ってリビングを2階に。人目が気にならない上に、採光もよく、冬は暖かいと家族からも評判の空間。

2階にあるリビングにつながるオープン階段。正面の壁全面にブリックタイルを取り入れ、スタイリッシュな印象。毎日の上り下りも楽しい。

クロスにこだわったのは玄関だけではない。トイレ、寝室など「壁」をインテリアの主役にするようなアイディアが散りばめられている。

リビングの横にある4.5畳の和室には吊り押入れを採用。部屋を広く見せる効果がある。押入れの扉をモダンな配色にしたことでリビングとの相性も抜群。

札幌市内100区画以上 宅地情報
施工例
LINE@