49スキップフロアや半地下のフリースペース。高低差を巧みに使って叶えた理想の家

札幌市手稲区K様邸

今回お邪魔したのは、スキップフロアや半地下に作ったフリースペースといった“高低差”を上手に活用して、ゆとりのある理想の空間を演出しているK様邸。

 

 

家づくりまでの道のりには、「家を持つこと」に対する若いご夫婦ならではの考えや悩み、たくさんの過程を経たというK様ご夫婦。マイホームを検討している方にとっては大変参考になるお話や、お二人の家に対するこだわりをお伺いしてきました。

 

 

Q:家を建てよう!と思ったきっかけは何でしたか?

 

 

「実はもともと、夫婦そろってマイホームに対するこだわりは全然なくて」と、ご主人。
奥様も「一生賃貸でも良いかなぁなんて思っていたくらいなんです(笑)」と振り返ってくださいました。

きっかけらしいきっかけになったのはご主人の職場でマイホームを持つ人が増え、将来子供が出来た時のことを考えて引っ越ししようかな?と考え始めたこと。とはいえ、その段階では、ファミリー向け賃貸を探したのだそうです。

 

 

探しはじめてみると良い物件が全然なかったそうで、”一軒家は高くてきっと買えない”というイメージから、次に考えたのはマンションを購入することでした。ところがマンションも、理想の広さや間取りとなると予算がオーバーしてしまう…中古マンションは?と検討されたそうですが、なかなか思い描いているような物件はなく、ピンとこない…そんな時のことだったそうです。

 

 

マンションの相場が大体わかったこともあり『建売なら一軒家でも予算に収まるのでは?』と考えました。メーカーによっては注文住宅で家が持てそうだぞ、と分かったんです。そうして、ようやく家を建てることに決めました」とご主人。

 

 

奥様は「賃貸?新築マンション?などと、いろんなパターンを検討して全部見てきた上で決めたので、最終的には迷いなく『自分たちの家を持とう』と思えたのだと思います」と当時を思い出してくださいました。

 

 

Q:家づくりを豊栄建設に依頼することになった経緯は?

 

 

こうして、「自分たちの家を建てよう」と決意したお二人ですが「こだわりなんて全然なかったはずなのに、いざ『家を持とう』となると、不思議なくらい『あれもしたい、これも取り入れたい』という思いが次から次へと湧いてきたんです」とご主人。

 

そんなご主人は、理想や熱い思いを詰め込んだ自作の図面を制作し、ハウスメーカー数社に持ち込んだのだそう。

 

「同僚に評判を聞いたこともあって豊栄さんにも足を運んでみることにしました。私の考えをきちんと汲み取ってくださった上で、プロの図面に落とし込もうとしてくださったことに感激して。ここでなら、自分たちの理想を叶えてもらえそうだな、と」。

 

「ちなみに最終的に豊栄建設に決めたのは実は私なんですよ」と奥様。「担当の方がとても感じよく、親身に相談に乗ってくれそうだな、と思ったんです。2社まで絞った段階で、私が『絶対に豊栄さんの方がいい!』と推しました(笑)」。

 

 

Q:こだわりたい部分がたくさんあったというお話がありました。特にこだわった部分は?

 

 

豊栄建設の施工例集を参考に、スキップフロアや、広めの脱衣所(アイロン掛けなどの作業もできる家事室)などのアイディアを取り入れました。また、外の物置や食品庫、納戸といった収納スペースを多めに取って、片付けのしやすい家を目指したのだとか。

 

さらに、スキップフロアをはじめ、半地下のフリースペース、2階からさらに数段階段を昇った先にある書斎など、高低差を利用することで、理想の間取りを実現。「階段や段差が多いことに関しては、友人などからは賛否両論ありますが(笑)、自分としてはすごく満足しています」とご主人。

 

一方、奥様も「私は家族が集まるリビングだけは広めに、という希望がありました。スキップフロアを取り入れて、天井を高くしてもらうことで、当初思っていた以上にリビングを広く見せることが叶ったのが嬉しいです」と、大満足のご様子です。

 

★ぜひ平面図をご覧ください★

 

 

Q:豊栄建設からはどのような提案がありましたか?

 

 

リビングの壁紙に使用しているエコカラット(においや有害物質を低減し、快適な湿度を保つ壁材)は、豊栄建設からの提案でした。「機能はもちろん、部屋の良いアクセントにもなっているので、提案していただいて本当に良かったです」とご主人。

 

「実は、私の希望が多すぎて、何かを提案していただくケースよりも、いかに私の希望を形にするか?っていうことを考えていただくことの方が多かったと思います。そういうワガママを聞いてくださったことも含めて有り難かったです」と感謝の気持ちを語ってくださいました。

 

 

Q:この家で暮らし始めてから生活に変化はありましたか?

 

 

取材時点は、お住まいが完成してちょうど半年になる頃でした。住み心地について尋ねてみると「家がすごく快適なので、家にいる時間が長くなりましたね。大きな買い物(家の購入)をしたので、しばらくはあまりお金を使わず節約に励みたい、というのもありますが…」と笑いながらご主人は言います。

奥様は「ショッピングモールがすぐ近くにあるので、生活に不便を感じないのも嬉しいところ。私も家にいるのが前より楽しいです。お気に入りのリビングでくつろいでいる時間が1番幸せです」とのこと。

キッチンのあるスキップフロアから見たリビング。写真中央のアクセントになっている壁紙が「エコカラット」です。ホワイトオークの床材は奥様のセレクト。「珍しくていいなぁと思って」と奥様。「床の色に合わせて建具は茶系で統一しました」とご主人。

書斎は2階へと続く階段を上がり、さらにその数段先にある隠れ部屋的なスペース。PCやコミックなどご主人の趣味のアイテムが置いてあります。この部屋を使用するのはご主人のみ。奥様は掃除の時以外は滅多に立ち入らないそう。

主寝室のクローゼット。写真右側のウォークインが奥様専用で、左側がご主人専用。主寝室をはじめ、2階3部屋の各クローゼットは、空間に開放感や広がりを持たせるため、いずれも扉はあえて取り付けていないのだとか。

リビングのエコカラットの壁の裏にあるのは、半地下に位置するフリースペース。こちらも隠れ部屋のような遊び心ある空間で、奥には広めのクローゼットも。使い勝手が良さそうなこのスペース。有効な活用法は生活しながらゆっくり決めていくそう。

洗面スペース(写真左)と、アイロン掛けや洗濯物の仕分けなどができる家事スペースを取ったゆとりのある脱衣スペース(同右)。洗濯機もここに設置しています。こちらの空間はキッチンと続いているため、家事動線もばっちり!

札幌市内100区画以上 宅地情報
施工例
LINE@