2021年最新モデルハウス公開!!

豊栄建設は、来る6月26日(土)から最新のモデルハウスを公開します。

札幌市東区東雁来9条4丁目11-1
延床面積:114.27㎡(34.50坪)

このモデルハウスは

生活や趣味を楽しむことはもちろん、
仕事の場としても使えるように。
「おうち時間を楽しむ」ことにフォーカスした
モデルハウスです。

新型コロナウイルス感染症の影響で、家の役割は変化しています。

暮らしやすい、家族の趣味を楽しめる、くつろぐことができる、冬暖かく夏涼しい、子育てがしやすい。そんなこれまで求められてきた役割の他に、「仕事をする場」にもなる家が必要になっています。

そこで、この最新モデルハウスは、生活や趣味はもちろん、仕事をするにも快適な家を目指しました。

1階のポイントは3つ。

玄関を入ると大きな土間が!この土間はリビングに面しているので、セカンドリビングとしても使えます。土間のどこからでもリビングに上がれるほか、洗面台とトイレの方向にも、直接上がることができます。この動線は、日々の暮らしが快適になります!土間には手洗いを設置しました。帰宅したらすぐ手を洗うことができます。

インテリアのテーマは、インダストリアル&モダン。中でもキッチンのクロスは木目とコンクリートの異素材をミックスさせた空間。ワークトップとシンクはステンレスで、とてもカッコいい仕上がりです。I型キッチンをペニンシュラ風に設置しているので、リビングの主役になるキッチン。ここも、ぐるっと回れる動線になっているので便利です。

リビングから階段を3つ下がったところに「隠れ家」的なスペースを用意しました。天井が下がっているので、「こもる」感じの場所です。集中してお仕事をする場として、お子様の遊び場、「基地」みたいに使っても楽しいです!

2階のポイントは2つ。

階段の踊り場にカウンターを設置しました。ここも、お仕事をしたり、お子様が勉強したりする場所。1階のよりもオープンな場所なので、リビングにいる家族の気配を感じながら趣味や仕事、読書をしたりできます。

リビングに小さな吹き抜けを用意しました。なぜ、「小さな吹き抜け」にしたかと言うと、大きな吹き抜けが欲しいけれど2階の面積が狭くなるのはちょっと…という方が増えてきているのです。吹き抜けのイメージは、実物をご覧いただくのが一番なので、この東雁来と、例えば新発寒オプションモデル本通モデルと見比べていただけると参考になると思います。


現在、6月26日のグランドオープンに向けて、関係者一同、準備にあたっています。
家具を運びこんだり、雑貨を飾ったり。来週には室内の撮影も行います!

色々な夢を込めた34坪(challenge999の標準サイズ)。
おうちで、趣味を仕事をどこまで楽しめるか?に挑戦したモデルハウス。
もっとできる!もっとできる!と意見を出し合い、ようやく公開を迎えます。

6月26日からの公開は、完全予約制となります。
1組さまづつ、安全安心にご覧いただくため、皆様どうぞ事前の予約をお願いいたします。

・参加イベントは「東雁来モデルハウス」を選択し、6月26日以降の日付でご予約をお願いいたします。

一覧