札幌市北区新川×フジフィルム

壁に大きな写真が飾れる
日常にアートが溶け込む家。


大小さまざまなアート作品をギャラリー感覚で飾れるよう『広い空間と壁』をコンセプトにした住まい。そのコンセプトは、玄関ドアを開けてすぐの高さ約5mの吹抜スペースに端的に表れています。
シューズボックスの上方を見上げると、そこにあるのは幅約2・5m、高さ約3・5mの壁面の大きな写真。北海道の写真文化発信基地として、多くの写真ファンが訪れる「富士フイルムフォトサロン札幌」がお薦めしてくれた写真家・岡本和行氏の作品です。昼は吹き抜けの窓から降り注ぐ陽光で、夜は可動式のスッポトライトで、1枚の写真の異なった表情を楽しめる・・・まさにアートが溶け込む暮らしが実現しました。
窓の位置を微密に計算し外光を十分に取り入れながらも、アート作品がたくさん飾れるように壁面のスペースを広くとったこの家。1階は天井が約2・6mと高く開放感たっぷりで、少し背の高い観葉植物なども置けるように設計されています。
リビングと玄関の目隠しとなる塗り壁はカウンター付き。塗り壁が曲線を描きながらカウンターの対角線を結んでいるため、リビング側はパソコンを置くスペースに、玄関側は花瓶や写真を飾るスペースにと、両サイドの空間を有効的に使えます。
リビング・ダイニング・キッチンは仕切りを設けず、天井でひとつなぎになった広々とした空間にしました。キッチンは動きやすいアイランドスタイルで、家族とおしゃべりしながら料理が作れます。奥の食器棚の上に好みのアート作品を飾れば、心もはずみ、家事も楽しくなるに違いありません。
階段の横には構造上重要な柱が立っていますが、ベージュの塗り壁で包みこむことによって圧迫感をなくし、上質で柔らかな印象がにじみ出るように造りあげました。
2階に上がってすぐのフリースペースは、写真や絵を展示するためのギャラリーに最適で、シリーズ作品を一堂に集めて鑑賞するなど楽しみ方はいろいろ。壁の端から端までカウンターが備えられた窓際では、ご夫婦でお茶を飲みながらアートについて語り合う、そんな光景も目に浮かびます。もちろん、友人を招いてのホームパーティーや就寝前に家族でくつろぐ場所にもぴったり。
暮らしの中にアートがとけ込んだ毎日は、華やぎと楽しさに満ちています。

札幌市内100区画以上 宅地情報
施工例
資料請求