札幌市南区石山×青山フラワーマーケット

緑のパノラマを室内へ。
インナーテラスと暮らす家。


玄関を入り目に飛び込んでくるのは、緑のパノラマ。
これこそが、間口約4・6m&三方ガラス張りのインナーテラスをもつ、この住まい最大の特徴かつ魅力です。
テラス自体は家族がゆったり集れる約7・5畳の広さで、両サイドのパーテーションには白木の一人がけベンチを設置しました。天井は通常より1m高い3・4mまで上げたことから、上からも陽光がさんさんと降り注ぎ、その光を観葉植物が浴びられるよう、上部に白木のシェルフも造りました。
テラスの造作は白一色とし、デザインは直線を尊重。これは、緑を際立たせるという狙いもありますが、住まい全体が、色使いもモチーフもシャープさが持ち味の北欧モダンで統一されていることと連動しています。北欧モダンを採用することで、自然を活かす住まいによく見られるカントリー調の甘いムードを払拭。飽きのこない表情に仕上がりました。
インナーテラスの東側はキッチンから出入りできるテラス、西側を庭とし、南側一面を四季と自然を異なる用途で楽しめる一角にしています。その様子は、リビングやキッチンからはもちろん、2階の吹抜けからも見下ろせるように設計。さらに春から秋にかけては、自然の風が南から北へ抜けるよう通気にも配慮しました。ご主人が趣味の時間を過ごす書斎のアクセントとなる3つの窓は、風の流れを実際に測定した結果に基づいて、設けるなど徹底的にこだわりぬいた設計です。
自然の存在感を室内でも表現しようと、2階居室の壁は一部にグリーン系の色をペイントしました。
前庭とパーキングスペースの一角にはナナカマドを、隣地との境にはコニファー(針葉樹)を植えるなど、随所に四季を愉しむアイディアを注いだ住まい。家にいることが何よりの贅沢・・・そんな言葉が実感できることでしょう。

札幌市内100区画以上 宅地情報
施工例
資料請求