札幌市東区伏古[2]

土間仕立てにした回廊が、
日常に特別な和みをもたらす空間に。


日常に料亭や旅館のような特別の和みの空間を。このコンセプトのもと、玄関から和室へ、テラスへと、土間仕立てに回廊を配した大胆な間取りが生まれました。
玄関を開けると、スリットガラスをはめ込んだ木製の引き戸。奥には、黒い花柄をあしらった壁紙が引き締まった印象を与える回廊。小粋な和食店に入ったかのようなイメージが湧き上がります。
仕切りのない和室は、土間から腰掛けるにはちょうど良い高さに設計。お客様がいらしたら回廊を通して和室に招き、一緒にお茶を飲んで世間話に花を咲かせる。そんなひと時も想定されている住まいです。

札幌市内100区画以上 宅地情報
施工例
資料請求