【坪単価って何?】計算方法と注意したいポイント

建築会社を選ぶときの比較対象として用いられることの多い「坪単価」。

坪単価は、建築会社により算出の根拠が異なりますので、表示された金額だけを鵜呑みにしてしまうと痛い目にあってしまうことも。例えば、「坪単価40万円」と聞くと、札幌では飛びつきたくなるような価格ですよね。

30坪で建物本体価格が1,200万円という計算になりますが、重要なのはこの「坪単価」に何がどこまで含まれているかです。家が建築され、実際に住みはじめるまでにはさまざまな費用がかかります。坪単価には、何が含まれているのかを確認することが大切です。

坪単価とは?

豊栄建設施工事例

札幌市南区S様邸

坪単価とは、一坪(約3.3㎡)あたりの建築費のことで、建物の本体価格を延床面積で割ることで単価が算出されます。例えば、建物の本体価格が1,800万円で延床面積が30坪の場合、坪単価は60万円ということになります。

坪単価に含まれているものを確認しましょう

気をつけないといけないのは、坪単価にどこまで含まれているかです。含まれていない可能性のある要素をあげてみます。

  • 地盤調査費用
  • 残土処分費
  • 屋内外給排水工事
  • 電気幹線引込工事
  • 仮設工事
  • 産廃処分費用

などなど……

これらの費用を坪単価に含めずに計算すると、1坪あたり4~5万円を下げて表示できてしまうのです。 大切なのは、住みはじめるまでにかかる費用をすべて織り込んで比較することです。

豊栄建設にご相談ください

豊栄建設施工事例

札幌市北区I様邸

豊栄建設の「チャレンジ999」 は、上記にあげた要素を全て含めて税込坪52万円程度で自由設計が可能でございます。大切なのは坪単価だけの単純比較ではなく、総額での判断が重要ということです。

お客様の理想のお家を、ご予算内でご提案できますように努めさせていただきますので、ぜひ一度ご度相談ください。

資料請求・お問合せはこちら

CATEGORY
TAG
一覧