【小さな家のメリット】大きな家と小さな家はどっちが良い?
豊栄建設施工事例

札幌市豊平区T様邸

家づくりは、多くの方は予算額が決まっているため、家の大きさで予算を調整することはよくある話しです。「できるだけ大きな家にしたい。でも予算が……」と悩む方もいるかもしれません。しかし、小さな家にもメリットがあります。今回は、小さなのメリットをご紹介します。

小さい家のメリット

① 土地の選択肢が広がる

家が小さければ必要な土地も狭くて済みます。土地の選択肢も広がるため、希望する地域で土地を見つけられる可能性が高くなります。

② 家の建築費を抑えられる

建物が大きいほど建築費用はかさみますので、一般的には小さな家のほうが価格は抑えやすいです。

③ ランニングコスト、メンテナンスコストも抑えられる

光熱費は家の大きさによっても異なります。住宅の補修工事なども家の大きさによって価格が変わってきます。面積が狭いと掃除の時間も削減されます。

このように、小さい家は小さい家なりにメリットがあります。

大きい家の最大のメリットは、スペースに余裕があるからこそできる広々とした間取りや空間です。大きい家は人が集まれるスペースがあるため、子どもが成⾧し家族が増えたときなどに帰省がしやすいでしょう。

豊栄建設にご相談ください

豊栄建設施工事例

札幌市豊平区T様邸

「開放的なスペースもほしいけど、建築費や生活コストも抑えたい。どちらも譲れない、そんなお客さまはぜひ一度ご相談ください。豊栄建設では自由設計のプランがございますので、さまざまな要望にお応えすることができます。例えば、動線と収納スペースの作り方次第では、必要最低限の大きさで広々とした開放的なリビングを実現することができるかもしれません。少しでも気になった方は、モデルハウスへのご来場お待ちしております。

豊栄建設のモデルハウスはこちら

CATEGORY
TAG
一覧