高耐震《メタルジョイント工法》

接合金具で丈夫な住まいに
強度・耐久性に富む接合金具〈TEC-ONE P3〉


チャレンジ999で採用する〈TEC-ONE P3〉は、建物の構造材(柱、梁、大引など)を組み合わせる接合金具です。木材には取り付け用ボルト(12ミリ径)穴をあけるだけですから、在来工法にくらべて、欠損が著しく少なく、構造材の強度を低下させません。金具を用いない従来の工法にくらべて、接合強度はほぼ2倍になります。また在来工法では木材の組み合わせに小さなズレやすき間ができ、建物全体に歪みが生じがちですが、接合金具を採用するメタルジョイント工法では、建物の歪みを抑えることができます。



プレカットされた部材を〈TEC-ONE P3〉が接合

接合金具の強度と耐久性
接合金具自体も高い強度をもち、阪神淡路大震災クラス(震度7)の地震にも耐えることが実験で確かめられています。また、高耐食性のメッキ処理が表面に施され、サビに強い仕様となっています。


根太レス工法
一層の安心と安全のために。
耐震性を確保するさらなる工夫があります。

従来の工法では2階床に12mm程度の厚さの床下地合板を受ける根太と呼ばれる角材がありました。しかし、根太は地震の横揺れには抵抗できません。そこで<根太レス工法>では根太を無くし、かわりに床下地合板を従来の2倍以上の28mm厚にして、910mm間隔に配置された床梁に直接貼り付けます。耐力壁同様、住まいに加わる力を点ではなく、面全体で受けとめることで耐震性が向上します。火打ち梁をつかった工法にくらべて、数倍も床が変形しにくいといわれています。


構造用集成材

強い強度
複数の板材を圧着して製造する集成材は、一本の木から製材した無垢材の1.5倍もの強度があります。豊栄建設のチャレンジ999では、この集成材を構造材(柱、梁、大引など)に用いたうえで、土台と柱、柱と梁を接合金具で強固につなぎあわせる安心の構造《メタルジョイント工法》です。


確かな加工
集成材は、ひき板を乾燥させ、大きな節や割れ目、腐れを取り除いた後、熱や水分に強いレゾルシノール樹脂系の高性能接着剤で圧着して作られます。シックハウス症候群のおもな原因となるホルムアルデヒドの放出量は抑えられ、JIS規格で最高等級のF☆☆☆☆を認定されています。


高い精度
集成材には、天然木にくらべて、反りや縮み、ねじれがたいへん少ないという特性があります。またJIS規格を上回る含水率10%前後の完全乾燥材ですから、施工後の乾燥収縮も起こりません。また、工場で品質管理されているため、できあがった木材に強度のばらつきがないのも大きな特長です。



工場で品質管理、プレカットしてから出荷

施工が安定
様々な利点をもつ集成材は、現場での組み立てが容易になるよう、工場であらかじめ彫り込まれてから(プレカット)出荷されます。現場での手作業による加工をしませんから、職人ごとに住まいの仕上がりに差が生じることがありません。つねに品質が保たれます。




商品紹介MENU